精子が老化・劣化すると「女の子」が生まれやすくなる?

精子が老化・劣化すると「女の子」が生まれやすくなる?
男の子 女の子 男女 靴 赤ちゃん 性別

精子の老化は不妊の原因になりうるだけではなく、子供の性別にも影響するという報告もあります。

赤ちゃんの性別は卵子に受精する精子の染色体の種類によって決まり、X染色体の精子が受精すれば女の子、Y染色体をもつ精子が受精すれば男の子になります。精子が老化・劣化すると、Y染色体をもつ精子の数が減少するため、男性が高齢になると女の子が生まれる可能性が高まるそうです(※2)。

関連記事
赤ちゃんを男の子・女の子に産み分ける方法!排卵日と精子量がコツ黒蟻王やジェネリックのED医薬品を通販で格安購入できる

男性の年齢も不妊とは無関係ではない
カップル 男性 女性 不妊 悩み

子供を授かりたいと願いながら、妊娠できないカップルは世界的に見ても全体の約10%ですが(※3)、不妊の半分は男性に原因があります。高齢化による不妊は主に女性に原因があると考えられがちですが、精子が老化・劣化することがわかった今、男性の年齢も無視できません。威哥王やジェネリックのED医薬品を通販で格安購入できる

夫婦ともに35歳を過ぎていて、数ヶ月ほど妊活をしても妊娠できないときは、婦人科を受診することをおすすめします。検査をして原因がわかれば、それを治療することで自然妊娠できることもあります。また、自然妊娠が難しい場合でも人工授精や体外受精など様々な方法があります。できるだけ早く妊娠できない原因を知って対処することが、子供を授かるための第一歩ですよ。