読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精子が老化・劣化すると「女の子」が生まれやすくなる?

精子が老化・劣化すると「女の子」が生まれやすくなる?
男の子 女の子 男女 靴 赤ちゃん 性別

精子の老化は不妊の原因になりうるだけではなく、子供の性別にも影響するという報告もあります。

赤ちゃんの性別は卵子に受精する精子の染色体の種類によって決まり、X染色体の精子が受精すれば女の子、Y染色体をもつ精子が受精すれば男の子になります。精子が老化・劣化すると、Y染色体をもつ精子の数が減少するため、男性が高齢になると女の子が生まれる可能性が高まるそうです(※2)。

関連記事
赤ちゃんを男の子・女の子に産み分ける方法!排卵日と精子量がコツ黒蟻王やジェネリックのED医薬品を通販で格安購入できる

男性の年齢も不妊とは無関係ではない
カップル 男性 女性 不妊 悩み

子供を授かりたいと願いながら、妊娠できないカップルは世界的に見ても全体の約10%ですが(※3)、不妊の半分は男性に原因があります。高齢化による不妊は主に女性に原因があると考えられがちですが、精子が老化・劣化することがわかった今、男性の年齢も無視できません。威哥王やジェネリックのED医薬品を通販で格安購入できる

夫婦ともに35歳を過ぎていて、数ヶ月ほど妊活をしても妊娠できないときは、婦人科を受診することをおすすめします。検査をして原因がわかれば、それを治療することで自然妊娠できることもあります。また、自然妊娠が難しい場合でも人工授精や体外受精など様々な方法があります。できるだけ早く妊娠できない原因を知って対処することが、子供を授かるための第一歩ですよ。

ED(勃起不全・勃起障害)の治療法は?薬で治るの?

ED(勃起不全・勃起障害)の治療法は?薬で治るの?
医療 薬 錠剤

ED(勃起不全・勃起障害)の治療法は、薬を使うのが基本です。勃起しない・持続しない原因は主に陰部の血流量なので、薬を使って血管を拡張して海綿体に十分な血液が流れるようにします。これは「PDE5選択的阻害薬」といわれ、日本国内では「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。症状によってどの薬をどれくらい服用するかは異なりますが、基本的には性行為の前に服用します。薬の効果を最大限に発揮させるには、十分な睡眠をとって体を健康な状態にしておき、空腹時に服用することが大切です。性的刺激がなければ勃起が起こりませんので、夫婦で協力して臨んでください。

また、精神的な要因がある場合は、心理的なカウンセリング、抗うつ薬の服用などを併用します。多くのED患者さんが薬で治りますが、なかには効かない方もいます。その場合は陰圧式勃起補助具を付ける、陰茎内プロスタグランジン注射を打つ、外科的な手術をするなどで勃起機能をサポートします。

関連記事
ED治療薬の比較!バイアグラ・レビトラ・シアリスの効果の違いは?
バイアグラとは?効果と副作用は?通販でも購入できるの?
レビトラの効果と副作用は?通販で購入できるの?黒蟻王は激安通販で購入当店のホームページ
シアリスとは?効果と副作用、飲むタイミングは?持続時間は?

ED(勃起不全・勃起障害)の治療薬に副作用はある?
副作用

ED(勃起不全・勃起障害)の治療薬は副作用が強いのでは?と心配される方もいると思いますが、用法用量を守っていれば、基本的には危険性が高いものではありません。血圧が少し低下したり、頭痛が現れたりすることはありますが、一時的なものがほとんどです。

ただし、持病のために血圧を下げる降圧薬や、狭心症の治療薬のニトログリセリン製剤などと併用すると重大な副作用をもたらす危険性もあるので、きちんと医師の指示にしたがって服用してください。

ED(勃起不全・勃起障害)の治療費用は?
お金 疑問 計算 クエスチョン

ED治療全般は、あくまでも「生活の質を高めるため」と判断されるため、健康保険が適用されません。そのため、薬などはすべて自己負担になります。

どの薬も1錠あたり1,500円~2,000円ほどかかるため、治療が長引くと費用がかさんでしまいます。また外科的な手術が行われると数万円かかるので、治療の前にきちんと医師と費用についても相談することをおすすめします。威哥王は激安通販で購入当店のホームページ

ED(勃起不全・勃起障害)の治療は早期対応が大切
カップル 夫婦 妊活 家族

ED(勃起不全・勃起障害)は、男性としてなかなか認めたくないものだと思います。しかし、EDの状態が続けば、自分だけではなく、パートナーに対しても不満を感じさせてしまいます。

EDは早期発見・早期治療すれば、回復もスムーズに進みやすい疾患です。EDの可能性があれば、恥ずかしがらずにできるだけ早く治療を始めましょう。泌尿器科や泌尿器専門クリニックだけでなく、かかりつけの内科でもEDの治療薬を処方してもらうことができます。少しでも不安があれば、まずは病院を訪れて気軽に相談してくださいね。